外壁塗装

1、外壁塗装の必要性

外壁塗装はなぜ必要なのでしょうか?

見た目
やはり、建物の見た目がお客様の気にされるところではないでしょうか。
新築の時から10年もすると雨風で汚れてしまいます。
そこで、定期的にきれいに化粧をしてあげることが必要になってきます。
建物の保護
外壁を塗り直さなければ、風雨に家が直接さらされ、お家の寿命が短くなってしまいます。
塗料でバリアを張り、より快適に長く住めるお家を維持していくことができます。

外壁塗装のポイント

防火性効果
防水性効果
断熱性効果
では、どのくらいで、塗り直しが必要なのでしょうか?

2、塗り替え時期について

こんなサインが出ていたら要注意!

チョーキング

雨樋いの劣化

変色

ひび割れ

鉄部のサビ

シーリングの劣化

上記のような症状が出ていたら、外壁塗装の塗り替え時期だと思ってください。
一般的に外壁塗装なら、新築後8~10年。
その次の外壁塗装は、使った外壁塗料の種類にもよりますが、10~15年がよいとされています。

3、塗料の種類と耐久性

高いからと言って長持ちするというわけではなく、手ごろな価格で耐久年数もあり、お家のある場所の気象条件などによって考える必要があります。

アクリル樹脂耐久年数5~7年
シリコン樹脂塗料耐久年数10~13年
ウレタン樹脂塗料耐久年数7~10年
フッ素樹脂塗料耐久年数15~20年

フッ素は、耐用年数が長いのですが、価格というデメリットがあります。
主にビルやマンションなどで、長期間塗り替え工事が難しい場合に使われます。
逆に、アクリルは一番安いのですが、その耐用年数が短いため不経済になることが多く、最近はほとんど使われません。
今、塗り替えに主に使われているのは、ウレタンとシリコンです。
塗料によって、料金も違いますので、一概に何年とは言い難いですが、目安としてJIS既定の促進耐候性試験の基準を参考にするのがいいと思います。

JIS既定の促進耐候性試験の基準

耐候型1種
2000時間 耐久できる塗料
耐候型2種
1000時間 耐久できる塗料
耐候型3種
500時間 耐久できる塗料

※JIS既定の促進耐候性試験の基準とは、塗膜にダメージを与え続けて、塗膜が何時間劣化せずに耐えられるかを測ったものです

この耐候性はほとんどのカタログに掲載されています。
目安としてお考えください。
ちなみに、耐候型1種の塗料は最低でも10年は持つと言われています。